口コミ高評価多数のマットレス「モットン」の使い心地

口コミ高評価多数のマットレス「モットン」の使い心地

口コミ高評価多数のマットレス「モットン」の使い心地

NASA開発素材が使われています

私は慢性的な腰痛に苦しめられています。30歳の時に1人目を妊娠し、妊娠後期から腰痛が酷くて仕方ありませんでした。でも、妊婦ならではの症状だと思い、あまり深刻に考えておらず、湿布を貼って何となくその場をしのいでいました。でも、それが認識違いでした。1人目出産後、腰痛はさらに悪化しました。子育ては腰に負担がとても大きいものだと産んでみて初めて知りました。新生児は軽いといってもすぐに5kg、7kgになりますし、抱っこしていないと泣き止まない子だったので1日の大半は抱っこをしていました。

夕飯も抱っこ紐でおんぶしながら作っていたり、外出時もベビーカーを嫌がるので常に抱っこで、妊娠後期と同じぐらいの負担が常にある状態でした。おまけに1日に何度もオムツ替えを必要としますが、ベビーベッドで寝ている赤ちゃんのオムツ替えは中腰状態で行うので腰への負担が大きく、何度もぎっくり腰予備軍になりました。決定的に動けなくなるほどのぎっくり腰にはなっていませんが、かがむ度に常に腰に鈍痛が走るギリギリの状態で過ごしていました。妊娠中には産後は整体や骨盤矯正に行くつもりでしたが、いざ生まれてみると中々1人で出かけることは難しく、結局行かないまま1年が経ち、ほどなくして二人目を妊娠しました。

二人目を妊娠すると上の子は赤ちゃん返りになって抱っこの時間がまた増え、二人目が生まれてからは二人をかわるがわる抱っこ、オムツ替え、下の子を抱っこ紐で抱きながら上の子の公園遊びに付き合ったりと腰への負担は増すばかりでした。この頃から2〜3ヶ月に一度は腰痛で朝起き上がれないことが起きるようになり、通院するようになりました。このような症状になったらブロック注射を打ち、だましだまし日々過ごしていましたが、看護師さんから腰に負担がかからないベッドマットがあると教えてもらいました。それがモットンです。他にもトゥルースリーパーセロなども紹介されましたが、詳しく調べた結果、私にはモットンが向いているかなと思いました。

というのは、私は子供の頃に気管支喘息を経験していて、今も気管支があまり強くありません。そのため、埃っぽい部屋に入ったり、空気の悪いところにいると喘息様の咳が今でも出ることがたまにあるので、服や寝具の素材は重視するようにしています。モットンもトゥルースリーパーセロも同じ高反発マットレスではあるのですが、モットンはウレタンフォームからできているのでダニや埃が湧かないというのに惹かれました。

トゥルースリーパーシリーズは綿が使われているので、同じ環境で使い続けたらモットンよりもダニや埃は付きやすいため、その点が気になりました。また、モットンのウレタンフォームはNASAが開発したという凄いものというのも気に入った点です。宇宙飛行士には飛び立つ瞬間ものすごい重力がかかるそうですが、それを効率よく分散させ衝撃を和らげる素材として開発されたのがこのウレタンフォームです。そんなすごい材料が使われているのならぜひ使ってみたいと思いました。

 

使用初日からわかる違い

購入の決め手の一つはNASAというミーハーな気持ちもありましたが、実際に使ってみるとその良さを実感しました。モットンは体圧分散に優れているので、寝っ転がった時に体がまっすぐな状態を保つことができます。私がこれまで使っていたマットレスはごくごく普通のお値段の量産品なのですが、スプリングが既にへたっていたこともあり体が沈んだ状態にあったようです。「ようです」というのは、そのベッドに寝ていた時は気にしてみたことは無いので、普通にまっすぐ横になれていると思っていました。でも、モットンを使ってみると以前のマットとは全然違うという感覚でした。というのは、寝返りがスムーズなのです。これまでのマットも違和感は感じませんでしたが、モットンを知った後に寝返りをしてみると体が重いというか、筋力を使っていたんだなと実感します。

私たちは平均20〜30回もの寝返りを毎晩行っているそうで、以前のマットではその度に体に力が入って疲れが取れないばかりか、眠りを浅くする原因にもなっていたようです。腰痛が慢性的にあるだけでなく、ここ数年、疲れも慢性的にありました。まだまだ下の子が夜中に起きることがありますし、蓄積した育児疲れ以外に理由は無いと思っていましたが、実は眠りが浅く質が悪かったことが慢性的疲れの原因だったようです。モットンの公式サイトや数多く紹介されている雑誌やサイトをみると口コミ評価がとても高く、腰痛が改善したという報告が山のようにあります。使う前は広告文句だと思っていたのですが、いざ使ってみるとそれが本当だと実感しました。

柔らかいマットや体圧分散ができないマットだと体が沈むので寝転がっていると背骨が曲がった状態になってしまいます。その姿勢で長時間過ごすと体が凝り固まり、腰痛や肩こり、首こりの原因となります。寝ている間はあっという間ですし、ついつい起きている生活時間を重視してしまいますが、私の場合は睡眠時間は細切れではありますが、トータルは6時間ほどあるので良い姿勢で過ごすのと背骨が曲がった状態で過ごすのと、日々体への負担は大きな差になると思います。

口コミの中には、使い始めてから整体に行かなくなったので、初期投資がかかったけど結果としてリーズナブルだったという意見や、コストパフォーマンスが良いというお値段関係の口コミも目立ちます。私も普段は安い家具しか買わないので、正直はじめにお値段を見た時には「どうしよう」という迷いがあったことは事実ですが、実際に使ってみると本当に買って良かったと思います。

使用初日から目覚めが全く今までと違いました。これまでは子供に起こされる以外にも夜中に1〜2回は目覚めてしまうのですが、それがありませんでした。きっとこれまでは無理な寝返りをうとうとして体が目覚めてしまっていたのだと思います。今は使い始めて1カ月ほどが経ちますが、毎日ぐっすり眠れることで体がリフレッシュされて、妊娠前より体調が良いです。自然な体制で一晩を過ごせることで寝起きの腰痛も改善し、本当に感謝しています。